あ、一緒に育乳しませんか?

バストアップサプリの副作用は飲み方次第?

育乳サプリの摂取方法と副作用
こんにちは!なおこです!

今日は、バストアップサプリで育乳する際にみんなが不安になる「副作用」について紹介したいと思います。

コンプレックスの胸を大きくしたいけど、バストアップサプリで育乳しようとするとどうしてもついてまわる問題が副作用。

「胸は大きくしたい・・・でも副作用が怖い・・・」

とあなたも思ったことがあることでしょう。

ただ、実は飲み方次第では、副作用のリスクを減らせるんです!

今日はバストアップサプリの副作用についてと、副作用が起こりにくい飲み方、おすすめのサプリメントについて紹介していきます!


どんな副作用があるの?

それでは、ここではバストアップサプリの副作用について見ていきましょう。

その前に、バストアップサプリで何で胸が大きくなるのか、そのメカニズムについて少し触れたいと思います。


バストアップのメカニズム

バストアップサプリで育乳しようと現在頑張っている人や、またはこれから育乳したいと思っている人なら副作用については調べていることと思います。

ただ、重要な情報ですので、もう一度ここでおさらいしておきましょう。

バストアップサプリには女性ホルモンと似たような作用を及ぼす成分が含まれている商品が多くあります。

みなさんも聞いたことがある「プエラリア・ミリフィカ」がその代表ですね。

こうした成分を摂取すると、脳が「女性ホルモンが分泌されてる!」と勘違いするため、女性ホルモンが分泌されている時期のように胸が大きくなるというわけです。

みなさん、生理の時期を思い浮かべてください。
すごく胸がハリませんか?

また、妊娠したことのある人なら、妊娠中は2カップくらいバストが大きくなりませんでしたか?
あれは通常よりも多くの女性ホルモンが分泌されているからなんです。

このように、バストアップサプリを飲むと、女性ホルモンが多く分泌されているのと似たような状態になるため、バストが大きくなるというわけです。


副作用

それでは副作用についてです。

先程、生理の時期や妊娠中の時期について少し話しましたが、こうした時期って体調を崩しますよね。

これは通常よりも多くの女性ホルモンが分泌されているため、ホルモンバランスが普段と比べて安定していないからです。

つまり、バストアップサプリを過剰に飲むと、似たような症状(=副作用)が現れやすくなります。

頭痛や吐き気、倦怠感などがバストアップアサプリの副作用の代表例です。その他、生理が遅れたりする人も。

副作用には個人差がありますので、生理中にほとんど体調が変わらない人もいるのと同じように、バストアップサプリでまったく副作用が出ない人もいます。

ただし、副作用が起きている、ということはその成分が体に何らかの作用を及ぼしている証明です。

バストアップサプリを飲んでもまったく体調に変化がないという人よりは、副作用が起こる人の方がバストアップサプリでの育乳に期待が持てるということになります。


体調を崩しにくいバストアップサプリの飲み方

それでは、バストアップサプリで副作用が出にくい飲み方について紹介します。

上で、「副作用が出る人は、バストアップサプリの効果が実感できる人」という紹介をしましたが、「副作用が起こる=バストアップできる」という意味ではありません。

バストアップサプリで副作用が起こると不安になりますので、やはりできるだけ副作用の起きにくい飲み方で育乳していくことをおすすめします。

ここでは、副作用の起きにくい飲み方を3つ紹介します。


適量を飲む

バストアップサプリは適量を飲む。

当たり前の話です。
適量以上飲んだら、副作用が起きやすくなるかも・・・というのは誰でもわかることです。

ただ、これを守れない人が結構いるんです・・・。
前日に飲み忘れてしまったから2日分、一気に飲んだり、バストアップサプリをたくさん飲めば早く胸が大きくなる、と勘違いしている人もいます。

では、ダイエットサプリをたくさん飲んだらすぐ痩せますか?
痩せませんよね。

バストアップサプリは、適量より少ない量で飲み始めた方が良いでしょう。
普段、こうした成分を摂取することはありませんので、体に慣れておらず、副作用が起きやすい状態なんです。

少しずつ成分を体に慣らすことで、副作用の起きるリスクを減らしましょう。


時期を考えて飲む

よくバストアップサプリには「1ヶ月分」という文字が書いてあります。

これは一ヶ月毎日飲んでください、という意味ではなく、「30日間分入っています」という意味です。

バストアップサプリには卵胞期に飲んだほうが良いサプリと、黄体期に飲んだほうが良いサプリがあり、これは配合されている成分で異なります。

配合されている成分によって飲み分けをすることで、副作用のリスクを格段に減らすことができます。

また、多くのサプリは一ヶ月間通して飲む必要がないので、節約にもなります。


質の高いサプリを飲む

最後に、良質な成分が配合されているバストアップサプリの方が、副作用は起きにくいと言われています。

「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、目に見えて安い商品というのは、やはり価格に見合った原材料を使用しています。

良質な原材料を使用しているバストアップサプリは、それだけ効果を実感できる可能性が高く、余計な副作用の心配がありません。

もちろん、飲む量を考えたり、飲む時期を間違えたりしないことが前提です。


おすすめのバストケアサプリ「ピンキープラス」

最後に、副作用が起きにくいバストアップサプリを紹介したいと思います。

ここで紹介するサプリはピンキープラス

まだこのブログでは紹介していないサプリですので、今後、ピンキープラスを飲んだ感想をアップしたいと思っています。

それではピンキープラスについて見ていきましょう。


価格は2,980円と、その他のバストアップサプリに比べると安めです。
また、ピンキープラスの内容量は30粒。

バストアップサプリは飲む時期を考えて飲まないと副作用のリスクが高くなる、というお話をしましたが、このピンキープラスは時期を考えて飲む必要がありません。

というのも、ピンキープラスには女性ホルモンのような成分はほぼ含まれておらず、女性ホルモンが自然と分泌されるような成分が含まれているからです。

みなさんも御存知の通り、規則正しい生活をしていると、女性ホルモンや成長ホルモンが分泌されやすい体内環境となります。

女性ホルモンが分泌されやすい環境に整えることでバストアップを促すサプリということです。

つまり、ピンキープラスは時期を考えて飲む必要はなく、1ヶ月間通して飲むことができるバストアップサプリになります。

ピンキープラスは一ヶ月で2,980円ですので、一日100円ですね。

副作用のリスクが低いバストアップサプリですし、その他のバストアップサプリに比べると価格も比較的安いので購入しやすいバストアップサプリと言えるでしょう。


今日はバストアップサプリの副作用について話してきました。
副作用に関する知識を身に付けて、健康的に育乳しましょう。


関連記事